これからの時代の土地活用について

土地活用方法には、駐車場にする、農地に変化させるなどの手法があります。駐車場にする時は、駅の近くや商業地に土地を持つ場合に限りますが、上手くいけば高収入も可能です。駅の近くの場合は、会社員や学生が通勤と通学のため、駐車場を利用することになります。学生が自転車を置いた駐輪場には、屋根がついていれば雨で濡れる心配はなくなります。農地に変化させる場合は、冬の時に開墾をして春に種を撒くことになります。上手く作物が育てば、夏にキャベツやネギ、またはほうれん草の収穫ができます。じゃがいもとさつまいもは雨が多いと実が付きにくいので注意です。田んぼを作るのも悪くないですが、田んぼに向いているかどうかは、土を掘って水を入れないとわからないです。田んぼに向いていなかった時は、そのまま畑として使えます。

駅の近くや商業地に土地を持っている時は駐車場にするのもいい

土地活用には手持ちの土地を駐車場に変化させて、お客から収入を得る方法もあります。特に人が訪れやすい駅や商業地に土地を持つ場合は、上手くいけば高収入も可能です。ただ、土地が更地の状態だった時は、初期投資としてアスファルト舗装が必須となります。駅の近くの土地は、会社員が通勤のため駐車場を利用する機会が多いです。屋根付きの駐輪場も設置すれば学生が通学の際に活用しやすくなります。駅の近くにお土産を売っている店がある時は、1時間100円にして契約した車以外にも停められるようにすると便利です。商業地の土地は、お客が沢山集まりそうな何らかの施設があると有利です。機械で動くゲートをつけて、30分は無料にし、1時間100円にすれば自然とお客が寄って来ると思われます。

農地にして作物を栽培するのも一つの手

土地活用方法には使わなくなった土地を開墾し、農地にして作物を栽培する手法があります。春に種を植えると、上手くいくと夏になる頃にはキャベツやネギ、またはほうれん草などを収穫できます。じゃがいもとさつまいもは育てやすいですが、雨が多いと実があまりつかないです。農業についての知識が不足だと感じた時は、図書館に足を運んで、専用の本を読むと解決できます。あるいは、近所で畑を所有している人に、色々と話を聞いてみるのも悪くないです。畑に関する知識を沢山教えてくれるはずです。田んぼにして稲を収穫するのも悪くないですが、田んぼに向いているかどうかは、土を掘って水を入れないと判断できないので注意です。水が溜まりやすい時は、田んぼ向きですが、溜まらない場合はそのまま畑にしたほうが無難です。

コメントは受け付けていません。