土地活用こんな方法がおすすめです

使っていない土地を所有している方は、ただ寝かせておくのではなく積極的に活用して収入につなげましょう。土地にはさまざまな活用法があるため、必ずしも莫大な準備資金が必要になるというわけではありません。所有している土地の面積や形状、場所に合わせて有効な土地活用法を見出すことが大切です。土地活用と聞くと真っ先にアパート経営を思い浮かべる方も多いですが、アパートを建築するためには資金も必要ですし十分な広さも必要になります。しかし実際にはアパートを建築するほどの広い土地ではない、初期費用を抑えたいなど土地の活用に関して悩みや不安を抱えている方も少なくありません。もちろんアパート建築以外にも駐車場経営や貸地など色々な方法がありますから、所有している土地や条件に合った活用法を選びましょう。

駐車場経営で土地活用を始めよう

周辺に住宅が多い場所や駅前などの利便性の良い場所に土地をお持ちの方なら、駐車場を経営するというのも一つの方法です。住宅密集地では駐車場の確保が難しい場合が多いですから、契約駐車場はニーズがあるはずです。また商業施設の周辺では従業員専用の駐車場として活用できるケースもあるので、周囲の状況を見極めながら駐車場の設置を検討してみましょう。一口に駐車場と言ってもいくつかの種類があり、コインパーキングや機械式の立体駐車場、月極駐車場などさまざまです。どのタイプを選ぶかによって初期費用に大きな違いが出てくるため、それぞれの特徴やメリット、費用面を比較しながら選びましょう。地面は舗装をせずに周囲にフェンスを設置するなどの簡単な工事なら、費用をかけずに駐車場経営が始められます。

アパートやマンションを建築する活用法

広めの土地を活用するなら、アパートやマンションといった賃貸住宅を建築するという方法があります。賃貸住宅を建築する場合はかなりの資金が必要になりますが、不動産投資は他の投資と比べてもリスクが低いと言われています。ただ建築するアパートの間取りや設備、家賃設定などの条件次第で入居率に大きな差がでることもあるので慎重に検討することが大切です。アパート経営は資産活用の一つですから、成功すれば将来の安定にもつながります。常に入居率が高い状態を維持するためにも、地域性やニーズに合った物件を設計することが大きなポイントになるでしょう。例えば若い人が多く住むエリアならワンルームマンションのニーズが高いですし、小学校の近くならファミリー向けの物件に人気が集まります。不動産のコンサルタントと相談しながら進めましょう。

建設候補地の事業性をしっかりと見極め、オーナー様へ最適な土地活用とアパート経営の提案。 ただ、建てるだけではなく土地の場所や建築予定の情報を元に、最適なアパート経営をすることが出来る。 最適な土地活用を基に、アパート経営を提案。 エリアの賃貸相場や競合物件を情報を元に、必要な供給計画を策定している。 【レオパレス21】で理想の土地活用をご提案いたします

コメントは受け付けていません。